Follow by Email

2012年11月14日水曜日

Seconds from Disaster: Fukushima (S05E01)

On March 11, 2011, a massive earthquake and tsunami off Japan's coast caused a meltdown at the Fukushima Nuclear Power Plant. HELP! Please help me go to college with more cash in my pocket by signing up to Swagbucks in which you can get free gift cards yourself (LEGIBLE - NOT SPAM) by using this link: http://www.swagbucks.com/refer/exleader75 (I sincerely thank you if you sign up USING the link. In exhange, I will continue uploading Seconds from Disaster episodes even if this account is deleted...if it will.)

2012年11月13日火曜日

第79回 公開研究会 講師 山田真さん

Video streaming by Ustream
Video streaming by Ustream

20120715 生まれ来る子ども達のために 福島放送


20120715 生まれ来る子ども達のために 福島放送 投稿者 PMG5 第21回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 『生まれ来る子ども達のために』(制作:福島テレビ) 福島第一原発から23キロ。福島県南相馬市にある原町中央産婦人科医院の高橋亨平医師は震災直後から診察を続けてきた。目に見えない放射能の恐怖によって住民をはじめ多くの妊婦が避難する中、安全・安心のために高橋医師は被ばく管理や除染活動を自らが先頭に立って進めている。そんな高橋医師は震災から2カ月後にがんを告知された。余命宣告を受けながら放射能と闘う彼の1年を追った。

20120224 南相馬“黒い物質”から高濃度セシウム


20120224 南相馬“黒い物質”から高濃度セシウム 投稿者 PMG5

南相馬市 子どもの内部被ばくを確認


南相馬市 子どもの内部被ばくを確認 投稿者 samthavasa
【日本語字幕付】南相馬市の除染風景(米CBS... 投稿者 tokyobrowntabby

20120607 南相馬市 分断された住民たちの苦悩


20120607 南相馬市 分断された住民たちの苦悩 投稿者 PMG5

原発作業員“被ばく隠し”の実態を追跡!福島第一原発で何が…


原発作業員“被ばく隠し”の実態を追跡... 投稿者 LunaticEclipse-Nuclear

元下請け作業員が独占告白…福島第一原発被曝事故の真相


元下請け作業員が独占告白…福島第一原発被曝事故の... 投稿者 LunaticEclipse-Nuclear

20120810 小野俊一 第4回院内勉強会 原爆被害と内部被曝


20120810 小野俊一 第4回院内勉強会 原爆被害と... 投稿者 Beaucoup11

20120426 第2回 院内勉強会 【放射能と内部被曝】元東電社員 小野俊一 講演


20120426 第2回 院内勉強会 1/2【放射能と内部被... 投稿者 Beaucoup11
20120426 第2回 院内勉強会 2/2【放射能と内部被... 投稿者 Beaucoup11

2012年7月30日月曜日

CNIC 映像アーカイブ: CNIC News 福島原発解説

CNIC 映像アーカイブ: CNIC News 福島原発解説: 2011/6/28 CNIC News 東電福島原発事故解説 後藤政志氏and 高橋健太郎氏 @kentarotakahash 71分 ベントについて 高橋健太郎氏@ kentarotakahash が後藤政志氏に質問 参考資料 毎日新聞 2011年6月24日 福島第1...

CNIC 映像アーカイブ: 2011/7/10 公開フォーラム「福島原発の真実」主催 柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の...

CNIC 映像アーカイブ: 2011/7/10 公開フォーラム「福島原発の真実」主催 柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の...: 開会の挨拶 53分 2011/7/10 公開フォーラム 「福島原発の真実」 主催 柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会 司会 菅波完 (柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会) 井野博満 東京大名誉教授 金属学 2011/7/10 セッション1...

NO NUKES 原発の虚実 元東電社員の告白




 さんが 2012/07/09 に公開
原発がなければ生活が成り立たないは、ウソ!
http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/280014314.html
色々な学者や評論家が言っても説得力はないけれど。元東電社員で福島原発の原子炉管理のエキスパートの発言には説得力があります。

もしかしたら官邸前デモに参加されている方々の中で、元東電社員で「脱原発ライフ」を実践されている木村俊雄さんをご存知ない方もいらっしゃるかと思い、今の私にできる反­原発・再稼働反対表明はこんな形でしか表現できません。

フクシマのうそ(吹き替え)




 さんが 2012/04/21 に公開

カテゴリ:

2012年5月30日水曜日

20120525 「4号機」は大丈夫か 不安の声強まる


20120525 「4号機」は大丈夫か 不安の声強まる 投稿者 PMG5

報道ステーションより。

今では世界で4号機の使用済み燃料プールについての懸念が言われているといってもいい。
そこでこの4号機燃料プールの問題を検証する。

フクイチ内部で働いている技術者の証言、小出裕章氏のコメント、後藤政志氏のコメント、東電・松本純一氏のコメントなどあり。
またある状況の下では燃料棒の被覆管が破裂するという実験結果を得た。

スタジオのコメンテーターはノンフィクション作家の佐野眞一氏。

渡辺満久先生 浜岡原発の安全性を検証する勉強会




2012年5月26日土曜日

Fukushima Daiichi: The Truth and the Future: Mrs. & Mr. Gundersen 05.12. 2012



sowingthewinds 21.05.2012
For full interview transcription, please go to:
http://www.fairewinds.com/content/fukushima-daiichi-truth-and-future
http://www.fairewinds.com/
In conclusion:
Maggie Gundersen: So Arnie, in closing, what do you want people to remember from your review of the accident at Fukushima-Daiichi?

Arnie Gundersen: About a month before the accident, we were walking and we were talking about an accident and where it might occur. And I said I did not know where it would occur, but I thought it would occur in a boiling water reactor of the Fukushima design, I said a Mark I reactor. And it turned out to be true.

But I think the bigger lesson from Fukushima is that this is a technology that can destroy a nation. After Fukushima I was reading Mikolai Gorbachov's memoirs and he says it was the Chernobyl accident, not Perestroika, that destroyed the Soviet Union. So we had that information for 30 years but yet we really did not realize that it could happen elsewhere. So we know that the accident at Chernobyl was a cause in the factor of the collapse of the Soviet Union. And we know that the cost alone from the Fukushima-Daiichi accident will easily go to a half a trillion US dollars over the next 20 years. That is enough to bring Japan to its knees.

Japan is at a tipping point. You have an opportunity here to change the way we use energy. Or Japan can go back and turn on all its nuclear reactors again and continue business as usual and of course risk another accident. So you have a choice, you have the opportunity to change the way you use energy and to change the way you distribute energy. You can create smart grids that share power from the north to the south and from the east to the west, where the frequencies are different. We can distribute our generation, instead of having massive power plants in locations like Fukushima-Daiichi and Fukushima-Danai. We can distribute those power plants throughout Japan, throughout the world, with windmills, with solar power, with conservation and with distributed small sources of generation.

Those are all one way of doing it compared to the other which we are presently using, which is central station power. We needed central station power in the 20th century. Now with computers, we do not need central station power anymore. We can do it another way. And Japan can lead the way if it chooses to. If it leads the way, it will have an export commodity that the rest of the world will want desperately. You have an opportunity here to change your country. And you also have a business opportunity here to sell to the rest of the world a product that we all desperately need.

So the Fukushima-Daiichi accident is the worst industrial accident in history: it is a half a trillion dollars. But it also can be an opportunity for Japan to change the way it does business and to create the economy for the 21st century and beyond with distributed generation and smart grids. I hope you choose that choice. Japan is at a tipping point and it is your choice to make.

Thank you Mrs n Mr Gundersen

Thank You all for watching Namaste Aloha Blessings

Fukushima Threatens The Continuation of Life as We Know It




さんが 2012/05/11 に公開
Mike Adams presents a Fukushima mega-meltdown special on the Friday, May 11 edition of the Alex Jones Show. Adams talks with Arnie Gundersen, the chief engineer of energy consulting company Fairewinds Associates and a former nuclear power industry executive. Mr. Gundersen continues to warn about the cataclysmic potential of the damaged Fukushima nuclear plant and is now warning about serious problems at the San Onofre nuclear plant in San Diego.
http://fairewinds.com/
http://www.infowars.com/
http://www.prisonplanet.tv/
http://twitter.com/#!/RealAlexJones
http://www.facebook.com/AlexanderEmerikJones

The Fukushima Diary reports today that Koichi Oyama, a member of the city council of Minamisoma in the prefecture of Fukushima, has measured unusually high levels of cesium 134 and 137 in the soil of his city.

Soil samples were analyzed by the Minamisoma government and found to be 122 times more contaminated than the mandatory evacuation zone in Belarus north of the Chernobyl Exclusion Zone.

Cesium causes cancer of the liver, kidneys, pancreas and other organs. It is particularly dangerous when it is in the soil and ends up in food.

In March, it was reported that cesium was detected in plankton 600 kilometers east of the Fukushima facility, according to a Japan-U.S. joint research team.
http://www.infowars.com/cesium-in-fukushima-prefecture-122-times-higher-than-...

[Join the infowars team today and save with FREE Shipping]
http://www.infowarsteam.com/

#福島原発 メルトダウンの内幕:字幕 #インサイドフクシマ #Fukushima Meltdown



23 Feb. "Fukushima 2012 Inside the Meltdown" from BBC document.
インサイド・フクシマ -福島原発事故、メルトダウンの内幕-
*字幕:Jo2Rayden (訳一部修正)
http://torajiyama.blog.fc2.com/blog-entry-405.html から翻訳転載。

#放射能 土壌とホット・パーティクルGundersen & Kaltofen #Fukushima (和訳)



05/08/2012 Hot Particles and Measurement of Radioactivity
http://fairewinds.org/ja/content/hot-particles-and-measurement-radioactivity
( ↓ 日本語要約:魑魅魍魎男さん *転載)
今回は、ボストン・ケミカル・データ・コーポレーションのマルコ・カルトーフェン氏との対話。
*汚染レベルは違うものの土壌サンプルすべてからセシウム134・137を検出。
コバルト60が検出されたものもあり。
*車のエア・フィルタを調べることで、人間がどれだけ汚染物質を吸い込んでいるかわかる。
福島市、東京、シアトルのフィルタ(2011年4月)を比較すると汚染度がよくわかる。
福島原発から65kmも離れた福島市でもこれだけ汚染がひどい。
シアトルのフィルタではほとんど汚染は見られない。
*ホット・パーティクルの大きさが重要。0.5 - 5ミクロンのものが肺にはいりやすい。
大きすぎるものは肺の奥まで行かないし、小さすぎても呼気で出て行く。
ベータ、ガンマ線といった放射線の種類よりも大きさと組成が問題。
*バナナに含まれる放射性カリウムや宇宙線などの被曝と比較するのはナンセンス。
ホット・パーティクルが人体に与える影響は全く別。
*日本からの子ども靴はすべてセシウム134/137に汚染されていた。米国のものからは不検出。
*組成を調べればどこから来たかわかる。
西海岸ではセシウム134(半減期2年)がかなり検出されており、福島由来の証拠。
チェルノブイリの汚染ではない。
*自然にも放射能は存在するので心配ないという原子力推進側の主張は間違っている。
自然放射能も危ない。
*バナナに含まれるカリウムには放射性のものとそうでないものがあるが、
体内には一定量が保たれ余分なものは排出されるので、蓄積されない。
*ホット・パーティクルによる内部被曝は非常に複雑。外部被曝とは比較にならない。
前者は体内に長く滞留してダメージを与え続ける。後者は1回体を貫くだけ。
*0.1ミリの酸化プルトニウムが肺に付着し周辺組織を冒す様子がわかる写真がこれ。
*10ミクロン前後の小さなパーティクルは飛んで世界に広がる。
シアトルで検出されたものも数ミクロンの大きさ。大きなものは近くに落下する。
*首都圏土壌サンプルの検査結果はここからダウンロードできます。
http://fairewinds.org/sites/fairewinds.org/files/Laboratory_Test_Results_Toky...
Fairewinds' Chief Engineer Arnie Gundersen and Boston Chemical Data Corporation's Founder Marco Kaltofen have an in-depth conversation regarding the challenges of measuring radiation exposures to people around the globe. Kaltofen explains the scientific methodology involved in accurately analyzing and measuring radioactive releases from Fukushima Daiichi, including the impact of hot particles on human physiology.

#Fukushima Daiichi #フクシマ 真実と未来 The Truth and the Future(日本語訳)



Fukushima Daiichi ; The Truth and the Future <日本語要約↓>
http://www.fairewinds.com/content/fukushima-daiichi-truth-and-future
今回は、ガンダーセン夫人とのQ&A形式です。
(要約)
「福島第一4号機はどの程度危険か?また地震や津波に襲われる可能性があるが」
4号機は最大の懸念事項。
火災になったら東京から逃げなさいと、本にも書いた。
他よりも保管してある燃料が多い。使用後すぐのものもある。
しかも燃料プールは格納容器には納まっていない。
大きな地震が起きたら4号機建屋はもたないだろう。
使用済み燃料は常に水冷する必要がある。空気に触れれば、ジルカロイの被覆が燃える。
放射性物質が燃え上がり、日本をそして世界を覆う。
今までに人類が行なった核実験で出た放射能総量よりも燃料プールの放射能総量は多い。
できるだけ早く燃料を取り出して移動しなければならない。
日本政府は、2013-14年に4号機を別の建屋で囲い燃料を移動する計画を発表した。
4号機の燃料移動は最優先事項であるが、東電・政府の動きは遅すぎる。
燃料プールには覆いがなく露天状態だ。
ブルックヘブン研究所の報告では、18万7千人がプールの火災により発ガンすると指摘されている。
東電も日本政府も深刻に考えていないのが問題。
松村昭雄氏の主張が世界でやっと理解された。政府・東電に早急に対応するようにお願いしたい。
「セシウムの危険性と放出された他の放射性同位体について」
セシウム137の半減期は30年、300年は危険だ。
カリウムと間違えて体内に取り込まれる。筋肉に蓄積されガンやいろいろな異常を引き起こす。
心臓にはいるといわゆるチェルノブイリ・ハートとなり、心筋に回復できないダメージを与える。
他の放射性同位体が引き起こす問題の大半をセシウムは生じさせる。
「3号機爆発は即発臨界によるものというが、その根拠は?」
1号機の爆発は音速以下で爆燃(deflagration) が起きた。
3号機の爆発は全く異なり爆轟 (detonation)である。爆発速度は超音速。
どう爆発したかより爆轟であったことが重要な点だ。
格納容器は爆燃は耐えられても爆轟には耐えられない。
原子力業界は無視しているが重要な問題だ。
ではどうして爆轟が起きたのか。水素爆発では爆轟は起きない。
ヒントは2つある。
NRCの昨年3月の報告では、2キロ先で3号機から飛び出した燃料破片が見つかったとある。
炉心、格納容器が壊れて破片が飛び出したとすれば、汚染がもっとひどいはずだ。
燃料プールの中で起きたに違いない。ビデオが示すようにプールの位置で爆発が起きている。
建屋天井付近に溜まった水素が爆発したなら、下向きに圧力が加わるはずだ。
これでは破片は外に飛ばない。
プール内で即発臨界爆発が起きたに違いない。
燃料はラックにぎっしり詰めているので臨界は起きやすい。
40年前のBORAX実験の爆発に似ている。
即発臨界は、連鎖反応は核爆弾よりは遅いが原子炉内よりは速い。
もう一つは、プール上部の屋根が完全に吹き飛んでいることだ。原子炉上部の屋根は残っている。
格納容器上蓋が内部圧力によって持ち上げられ、隙間から放射性ガスが吹き出した。
しかし、それがあの爆発を引き起こしたという証拠にはならない。
「水素爆発について。どうして起きたか」
福島の事故で最も大きな謎は4号機の爆発。
東電は3号機から配管を通って来た水素が爆発したと主張している。
3号機格納容器は壊れていて、4号機に水素を押し出すほどの圧力はなかっただろう。
爆発原因は4号機建屋内にあったろう。2つ考えられる。
佐治博士の説は、プールの水が分解して水素が発生した。水温が上がり水素が上昇して爆発。もう一つは私の説だが、プール内燃料の上部が一部露出し、空気に触れて水素を発生­し爆発した。原子力業界は全く考えていないが、プール水温が80度でも部分的が沸騰することはあり得る。
プールで水素が発生し爆発することは誰も予期せず、設計にも考慮されていないが、
実際に起きてしまった。沸騰水型のみならず世界の全原発400基に対策が必要である。
*続きは、 http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/686.html 
日本語要約者: 魑魅魍魎男さん *転載

2012年5月13日日曜日

#福島 では被曝で各種発病が報告されている(字幕) #Fukushima radiation illnesses



さんが 2012/03/24 に公開
福島では被曝で何種も発病が報告されている!<日本語訳↓:Jo2Rayden>
Fukushima residents report various illnesses
AlJazeeraEnglish さんが 2012/03/09 にアップロード
http://www.youtube.com/watch?v=lpWOeKk1GUo
A debate is raging in Japan over the extent of the radiation contamination in the wake of last year's nuclear disaster in Fukushima.

これがフクシマ原発大事故に直面した結果だと18年間高校教師だった沼内恵美子さんは、信じています。
彼女の髪は抜け落ち始め、健康だったはずの歯も抜け落ちました。異常な紫斑も、脚に出てきています。

沼内さんは、爆発で壊れた原発から25kmの場所に住んでいます。
この1年、彼女は健康状態について、ブログに載せてきました。
今、彼女は、政府が定めた放射能の暫定基準値の安全だと言う食物が、ゆっくりと彼女を殺し始めていると思っています。

沼内恵美子さん:
「あなたたち(日本政府)の言った食物を食べて、こういう影響を受けたんだと自分を実験台にして、政府の嘘を明らかにしているのです。」

政府の事故後の放射性基準への深い疑いにより、教師や親たちは、学校給食に、独自の検査をするよう後押ししています。
子どもたちが、一番放射線の影響を受けることが明らかになっている為、政府は最近になり、人々からの強い要望に押される形で、食品の放射性物質含有率を減らすことを表明し­ました。ものによっては、20倍厳しくしました。
いまだに政府は、最初の食品暫定基準値は安全だと言い、福島に住む人たちには、脅威はないとしている。

シカタ・ノリユキ(首相の広報官):
「死者のほとんどは、津波によるものでした。原発の放射線の影響だけによる死亡は、聞いたことがありません。」

世界と日本では、長期間の低線量放射線被曝の影響があるかどうかをめぐる激しい論争があります。ここ福島にある放射能は、人間の健康リスクとなります。まだ良く判らない科­学の小さな問題なのです。

見えない敵に向かうように、肥田舜太郎医師は、広島と長崎に原爆が落とされてから長い間、原爆被爆症に苦しむ何千もの人々の治療にあたってきました。彼は、フクシマ原発事­故で、広島長崎を超える犠牲者がもっと出る歴史の1ページが作られるのではと恐れています。
肥田舜太郎医師:
「多くの人たちが、原発事故の放射線内部被曝の影響を受けていることは、疑いの余地はないでしょう。
事無かれの思考が、政府に被曝の危険性を見誤らせているのです。それは誤りです。」

沼内さんは今、日中の何時間かを、被曝の恐怖で福島を離れた人たちが置いて行った犬の世話をしながら過ごしています。彼女は、今も原発近くの家に住み続けています。彼女の­"実験例"により、彼女の主張のように政府がこの事態を認める方向になり、方針を変更するようになればと願っています。

AljazeeraのSteve Chaoが、南相馬市からお伝えしました。

-END-

鎌倉でウラン検出! #放射性 廃棄物並み東京の土:字幕 Tokyo Soil as #Nuclear Waste


uneblokeさんが 2012/04/03 に公開
*日本語訳全文: http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-424.html
Tokyo Soil Samples Would Be Considered Nuclear Waste In The US http://www.fairewinds.com/ja/content/tokyo-soil-samples-would-be-considered-n...
* 日本語訳: Megさん(翻訳されてましたので一部修正し転載しました。m(_ _)m)修正&字幕: Jo2Rayden
http://ameblo.jp/mhyatt/entry-11205507746.html
* 日本語訳(一部抜粋)
NRC原子力規制委員会の委員長グレゴリー・ヤツコ氏:
・福島の原発事故は、どこで起きる原発事故であっても公衆衛生と安全、また環境に対して、非常に受け入れがたい、深刻な影響を与えるということを、世に強く知らしめること­となりました。
・事前に対応策を講じるという立場で、私たちが将来に関して考えるならば、結局のところ、私たちは原発事故が起きた場合、土地の深刻な放射能汚染や、半永久的な避難、移住­の問題、またそういった人達の生活手段、仕事の世話、地域コミュニティの崩壊をどう防ぐのかといった問題に、どう対応するのかを考え、解決していかねばなりません。
* ガンダーセン氏:NRC原子力規制委員会の委員長グレゴリーヤツコ氏は、こう言っています。「NRCは移住を強いられ、何世紀もその土地に戻る事の出来ない人々が受ける損­害を、原子力発電所の建設を認可する際に行われる費用便益分析の計算に入れていない。」と。
東京に滞在していた時に、いくつか土壌サンプルを取ってきました。
ホットスポットを、わざわざ探し歩いたわけではありません。
ただ普通に町中を歩き、適当に辺りの土壌をすくいビニール袋に入れてきただけです。
一つは、歩道にあるひび割れの中から。
一つは、既に除染済みであるという子供用の遊び場から。
一つは、歩道の脇の苔から。
一つは、私がいた建物の屋上から。
そして最後のサンプルは、東京の裁判所の向かいの道からです。
私は、それらのサンプルについて、きちんと申告し税関を通してから研究所に持ち帰りました。
すべてのサンプルは、アメリカの法律の基準では、放射性廃棄物に値しており、テキサスにある放射性廃棄物処理場に送って処理しなければなりませんでした。

#1 渋谷区;
セシウム134: 5,069Bq/Kg(137pCi/g)
セシウム137: 6,179Bq/Kg(167pCi/g)
コバルト60 : 1,480Bq/Kg(40pCi/g)

#2 鎌倉; 
セシウム134: 662.3Bq/Kg(17.9pCi/g)
セシウム137: 666 Bq/Kg(18 pCi/g)
コバルト60 : 521.7Bq/Kg(14.1pCi/g)
**U235 positive ←ウラン235の存在を示唆

#3 千代田区 遊び場; 
セシウム134 : 962Bq/Kg(26pCi/g)
セシウム137: 1,147Bq/Kg(31pCi/g)

#4 千代田区 オフィス・ビル屋上; 
セシウム134: 1,739Bq/Kg(47pCi/g)
セシウム137: 1,739Bq/Kg(47pCi/g)

#5 日比谷公園; 
セシウム134: 703 Bq/Kg(19pCi/g)
セシウム137: 851 Bq/Kg(23pCi/g)
コバルト60 : 336.7Bq/Kg(40pCi/g)

*1pCi(キュリー)=0.037Bq/g ⇒ *上記数値換算:0.037Bq x1000g = Bq/Kg
*参考:従来の放射性廃棄物の基準はセシウムで100ベクレル/kg。それを超えると、ゴミ処理場などに廃棄は許されない。=放射性廃棄物

・考えてみましょう、それがアメリカの首都であろうと東京であろうと構いません。あなたが、道ばたの花を摘むのに、放射性廃棄物の上に膝つかねばならないとしたら、どう思­いますか?
これが、今、東京で起こっていることなのです。
ヤツコ氏が言おうとしている点は、まさにここだと思います。RCの 費用便益分析は「移住を強いられ、自分の世代のうち、もしくは永久にその土地に戻る事のできない10万人の人々が受ける様々な損害や苦痛について」を計算に入れていないと­言っているのです。
ここ首都ワシントンから100マイル以内に、12ほどの原発があります。
東京は、福島から200マイルも離れていました。
しかし、私がいくつか適当に採取した東京の土は、米国では、放射性廃棄物として処理すべきものなのです。
-END-


3/13福島第一原発事故から1年<日本語訳↓:Jo2Rayden>
Arnie Gundersen appears on Russia Today to discuss the one year anniversary of the nuclear disaster at Fukushima Daiichi and its ongoing effects on the Japanese people.
・現在も、1年前にフクシマ原発のメルトダウン核燃料から核分裂した原子は、放射線を出し続けています。30kmから場所により60km圏の放射線汚染は甚大で、住民は帰­還すべきではありません。
・東京に先日行った際に、サンプルを5つ取得しました。北アメリカでは、非常に放射能が高いのでこれらは、放射性廃棄物とみなされます。

・RT司会:"つまり、あなたは問題があり、政府は幾つもの事実を隠蔽していると言うのですね?"

・日本政府は、原発事故発生時より、情報を隠蔽し、遅らせて出していますね。明らかに、本当の除染のコストは、5000億USドル(42兆円)になるでしょうね。これは福­島県だけのものです。県を超えて、汚染は広がっています。先ほど述べたのは、福島原発から250km離れた東京で取得したサンプルなのですよ。
・東日本は全域で、健康被害の問題を警告すべきでしょう。人々みなが、放射性セシウム、ストロンチウムや各種放射線に被曝しているのです。

・RT司会:"グリーンピースは世界の原子力産業界は、何も福島原発事故から学んでいないといっていますが、どう思われますか?"

・私は、グリーンピースの報告書の共著者ですが、日本はフクシマから何の教訓も学んでいないと言うことに同意しますね。米国は、既存の原発を、なんの改修もしないで201­6年までの稼働の許可をしました。フクシマの深刻な教訓を、アメリカも世界中も学んでいないのです。

・RT司会:"なぜ、世界の原発新設はスローダウンしないのでしょうか?"

・実際、原発新設の動きは、世界でスローダウンしています、たった2基だけが昨年新規稼働しました。それ以前は、ここ数年間で10基以上が新規稼働していました。
・大きな憂慮は、開発途上国では、原子力規制機関と原発推進機関との関係が、日本よりもっと密であることなのです。ですから、もっと多くの原発事故が、世界中で起る事が予­想されるのです。フクシマは、唯の一種の現象ではなくなるのです!

*参考:従来の放射性廃棄物の基準はセシウムで100ベクレル/kg。それを超えると、ゴミ処理場などに廃棄は許されない。> 東京 台東区 土壌で約7万Bq/kg !
:ビデオでの"東京の5つのサンプルは、米国では'放射性廃棄物'とみなされる。"とは、土壌サンプルの事だと最新のビデオで、ガンダーセン氏が、はっきりと発言されてい­ます。

2012年5月2日水曜日

文部科学省の『放射線等に関する副読本』を読む




原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組)



*字幕が見られない場合は、映像の右下の「吹き出しマーク」をクリックしてください。「吹き出しマーク」が赤くなっていたら、字幕が表示されます。

2006年に、ドイツのテレビ局 ZDF で放映されたドキュメンタリーです。

この動画を見ていただくと、ドイツの政治家、権力の側にいる人たちが、嘘をついたり、しらを切っり、事実を隠蔽したり、見て見ぬ振りをしているのが、よくわかると思います­。

原子力産業と政府の癒着体質は、どこの国でも同じなのかもしれません。

エルベ地域の人たちの戦いは、今もまだ終わっていません。

投稿者はハンブルグの小児血液腫瘍科病棟に行ったことがあります。たくさんの子どもたちが、長くて辛い治療の日々を送っていました。

ニコルのように治療がうまくいく子もいれば、天国に行ってしまった子もいます。

助けられる命は助けてほしい。福島の子どもたちを安全なところに連れて行ってあげてください。

政府は避難命令を出すべきだと思います。でも、それを待っていたら、時間がどんどん過ぎていってしまいます。

どうか、一刻も早く、放射能から逃げて下さい。

小出裕章さんの反原発教室「優しく生きることと原子力」




小出裕章さんの反原発教室
テーマ 「優しく生きることと原子力」
 
講師:小出裕章(京都大学原子炉実験所 助教)
司会:落合恵子(クレヨンハウス)
 
会期:2012年4月22日(日)
開場:13:00 開演:14:00(16:00閉演予定)  
会場:青山学院講堂
 
主催:クレヨンハウス
http://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html
クレヨンハウス イベントページ
http://www.crayonhouse.co.jp/home/oshirase120223.html
--------------------------------------------------------------------------------­-----
撮影:OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org

20120426 チェルノブイリ原発事故から26年


20120426 チェルノブイリ原発事故から26年 投稿者 PMG5


NHK BS1 ワールドドキュメントWAVEより。

1986年4月26日に人類は史上最悪の原発事故を体験した。
チェルノブイリ原発で爆発事故が発生。半径30km以内の13万人がふるさとを追われた。
それから26年。今なお健康被害が増え続けている。

今月、日本の国会事故調査委員会がチェルノブイリを訪れた。
原発事故はどのような影響を与え続けているのか。
その調査に同行取材した。

20120429 世界から見た福島原発事故


20120429 世界から見た福島原発事故 投稿者 PMG5

2012年3月29日木曜日

20110911発がん性のアスベストが被災地で散らばっている

20110911発がん性のアスベストが被災地で散らばっている。

20110911発がん性のアスベストが被災地で散らばっ... 投稿者 bakaTepco4


20120327 3.11”を忘れない(20)闘う先生


20120327 3.11”を忘れない(20)闘う先生 投稿者 PMG5

テレビ朝日系「テレメンタリー2012」より。

福島県南相馬市の産婦人科医・高橋亨平先生(73)。原発事故後、ほとんどの病院が閉鎖する中、先生は地域の医療を支え続けた。放射能の影響で妊婦は激減。「子供の生まれない街に未来はない」そう話す先生は、行政に先駆けて除染に乗り出した。
その矢先、先生の体にガンが見つかる。それでも歩みを止めず、地域の医療と妊婦を守り続けた。その生きざまを追った。福島放送制作。

2012年3月21日水曜日

微生物が放射能を消した動画


微生物が放射能を消した動画その1.wmv  



微生物が放射能を消した!

「そんなことは有り得ない」という科学者たちも多いですが、
福島県川俣町山木屋5000坪規模での実験場で、実際にセシウムが減っています。


微生物が放射能を消した動画その2




「放射能を消す蘇生回帰の科学が日本を救う!」高嶋康豪博士WF11月  




ワールドフォーラム2011年11月日本復興講演会第2回 15分ダイジェスト版
「蘇生・回帰」の科学が、日本を救う!』
~汚染土壌が肥沃な「超」優良農地に生まれ変わった!~
講師:高嶋 康豪(やすひで) 博士(環境微生物学博士、高嶋酒造6代目、高嶋開発工学総合研究所代表)

2011年11月25日(金)月島社会教育会館4階ホール

東日本復興の鍵をにぎる、放射能除染・消失の技術。韓国・台湾の両科学技術庁元長官から、「放射能(セシウム)消去技術」の開発・実践者とし­て信任厚く国家認証を授与さ­れた世界最初の環境微生物学博士 高嶋康豪氏。
清酒「白隠正宗」の蔵元、高嶋酒造6代目。(家業は7代目ご子息が継承)㈱高嶋開発工学総合研究所代表の高嶋博士をお招きし、「蘇生・回帰の科学が、日本を救う!」という­­テーマで、未来の地球環境や生命誕生と蘇生回帰、今後の食糧問題、エネルギー問題を抜本的に解決する方策と、深遠なる生命科学の奥義をご講演賜りました。


ワールドフォーラム11月 日本復興講演会第2回 高嶋康豪博士のご報告
http://worldforum.jp/report/2011/11.html

Surviving Japan『生き残り日本』原発事故の被災地ドキュメンタリー




さんが 2012/03/07 にアップロード
For more info and how you can help visit: http://www.survivingjapanmovie.com
Inside story of the 2011 Japan Tsunami and Fukushima disaster.
A critical look at how the authorities handled the nuclear crisis and Tsunami relief by an American who volunteered in the clean-up.

It is in short, a documentary of the devastating events in Japan and the after-math that followed.
The documentary shows the humanitarian and aid crisis that faced the people in the wake of both natural and nuclear disaster.

It features true stories from those affected by the disaster, the government and even TEPCO.
It highlights the struggle in dealing with: The Tsunami clean-up, lack of Government response to the disaster, radiation plus the future of nuclear power after the accident.
2011年に日本で起きた津波について、その救援活動、原子力発電所における核危機についての現地・現場の声。

核危機および津波救援への関係官庁の対...応に対する、被害の後処理に参加した一人のアメリカ人ボランティアの批判的な視線。

つまりこれは、日本で起きた衝撃的な大災害およびその余波についてのドキュメンタリーである。

このドキュメンタリーによって明らかにされるのは、自然災害である津波、そして核災害に際して人々がさらされた人道および救援の危機である。

被災者、政府関係者、さらには東京電力株式会社(TEPCO)関係者の生の声を聞くことができる。

津波による被害の後処理、政府の災害への対応の欠如、そして原子力発電所事故後の放射線による影響および原子力の将来に関する苦闘を浮き彫りにする。

2012年3月19日月曜日

20120310 震災から1年 何が変わって、何が変わらないのか


20120310 震災から1年 何が変わって、何が変わら... 投稿者 PMG5

TBSテレビ系 報道特集 東日本大震災から1年の拡大版 「何が変わって、何が変わらないのか」
金平キャスターが警戒区域の大熊町からライブ中継。

福島第一原発を抱える双葉町の住民。
全域が警戒区域となった町で畜産業を営むある夫婦の一時帰宅に同行。
牛舎で夫婦が目撃したのは、あまりにも厳しい現実だった。

20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか


20120318 福島の海は今いったいどうなっているのか 投稿者 PMG5

サンデーモーニングより。
3.11の原発事故以来、心配されきた海について考える。
事故後、漁を自粛している地元の漁師たち。国の補償により、がれきの撤去作業を行うことで、休漁中の日当を得ていた。
しかし12日、いわき市漁協は予算を使い切ったため、がれき撤去作業を終了。今後の生活のめどはたっていない。
福島の港で魚介類を売っている店でも、陳列しているのは県外産のものばかり。

原発から20km離れたいわき市沖では、事故からおよそ1年たっても、海底に住む魚から暫定基準値を超えた放射性セシウムが出ている。
調査する専門家は、福島県の沿岸域の海底の堆積物(泥や砂)では数千ベクレルの高い値が出ていて、数ヶ月たっても1/10までいかないという。この堆積物と生き物との間には相関関係があり、また食物連鎖により生物濃縮も起こる。
果たしていつになったら漁を再開できるのか。専門家は「気の毒だけど待つしかない。では何年と言われたときに、非常に見通しは難しいです」と語る。

フクシマ以前に世界最悪の海洋汚染と言われたイギリスのセラフィールド原子力施設のケースでは、この地域の汚染は30年にわたって続いたという。

ドイツZDF フクシマのうそ


ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311


我々は放射能から身を守り、警察から外人と見破られないよう
防護服を着こんだ。
汚染され、破壊した原発が立っているのは立ち入り禁止区域だ。
そこに連れて行ってくれることになっている男性と落ち合った。
なにが本当にそこで起きているか、彼に見せてもらうためだ。
ナカ・ユキテル氏は原子力分野のエンジニア会社の社長で
もう何十年間も原発サイトに出向いて働いてきた。
フクシマでも、だ。
私たちは見破られず、無事チェックポイントを通過した。
作業員たちが作業を終え、原発から戻ってきたところだった。
3月11日に起こったことは、これから日本が遭遇するかもしれぬことの
前兆に過ぎないのかもしれないことが次第にわかってきた。
そしてその危険を理解するには、過去を理解することが必要だ。
(タイトル) フクシマの嘘
(監督) ヨハネス・ハノ
私たちは立ち入り禁止区域の中、事故の起きた原発から約7キロ離れたところにいる。
ナカ氏はここで生活をし
福島第一とフクシマノ第二の間を股にかけて仕事をしてきた。
ナカ氏と彼の部下は、何年も前から原発の安全性における重大な欠陥について注意を喚起してきた。
しかし、誰も耳を貸そうとしなかった。
私の話を聞いてくれた人はほんのわずかな有識者だけで
その人たちの言うことなど誰も本気にしません。
日本ではその影響力の強いグループを呼ぶ名前があります。
原子力ムラ、というのです。
彼らの哲学は、経済性優先です。
この原子力ムラは東電、政府、そして
大学の学者たちでできています。
彼らが重要な決定をすべて下すのです。
私たちは東京で菅直人と独占インタビューした。
彼は事故当時首相で、第二次世界大戦以来
初の危機に遭遇した日本をリードしなければならなかった。
彼は唖然とするような内容を次々に語った、たとえば
首相の彼にさえ事実を知らせなかったネットワークが存在することを。
マスメディアでは彼に対する嘘がばらまかれ
彼は辞任に追い込まれた。
彼が原子力ムラに対抗しようとしたからである。
最大の問題点は、3月11日が起こるずっと前にしておかなければ
いけないものがあったのに、何もしなかったことです。
原発事故を起こした引き金は津波だったかもしれないが
当然しておくべき対策をしなかったことが問題なのです。
この過失は責任者にあります。
つまり、必要であったことをしなかった、という責任です。
では原発事故の原因は地震と津波ではなかったのか?
原子力ムラの足跡を辿っていくと、
嘘、仲間意識と犯罪的エネルギーの網の目に遭遇する。
調査は2つの大陸にまたがった。
まずカリフォルニアに飛んだ。
目的地はサン・フランシスコである。
私たちはある男性と話を聞く約束をしていた。
彼は長年原子炉のメンテナンスの仕事で
フクシマにも何度も来ており
かなり深刻なミスや事故を東電が隠蔽するのに遭遇した。
フクシマの第1号原子炉は70年代初めに
アメリカのジェネラルエレクトリック社が建設し
それ以来アメリカのエンジニアが点検を行ってきた。
そしてフクシマでは何度も問題があった。
東電は、点検後、なにをあなたに求めたのですか?
亀裂を発見した後、彼らが私に言いたかったことは簡単です。
つまり、黙れ、ですよ。
何も話すな、黙ってろ、というわけです。
問題があるなど許されない
日本の原発に問題など想定されていない
アメリカのエンジニア、ケイ・スガオカ氏も
それを変えようとすることは許されなかった。
1989年のことです、蒸気乾燥機でビデオ点検をしていて
そこで今まで見たこともないほど大きい亀裂を発見しました
スガオカ氏と同僚が発見したのは、それだけではない。
原子炉を点検している同僚の目がみるみる大きくなったと思うと
彼がこう言いました
蒸気乾燥機の向きが反対に取り付けられているぞ、と。
もともとこの原発の中心部材には重大な欠陥があったのだ。
スガオカ氏は点検の主任だったので
正しく点検を行い処理をする責任があったのだが
彼の報告は、東電の気に入らなかった。
私たちは点検で亀裂を発見しましたが、東電は
私たちにビデオでその部分を消すよう注文しました。
報告書も書くな、と言うのです。
私はサインしかさせてもらえませんでした。
私が報告書を書けば、180度反対に付けられている蒸気乾燥機のことも
報告するに決まっていると知っていたからです。
では、嘘の文書を書くよう求めたわけですか?
そうです、彼らは我々に文書の改竄を要求しました。
スガオカ氏は仕事を失うのを怖れて、10年間黙秘した。
GE社に解雇されて初めて彼は沈黙を破り
日本の担当官庁に告発した。
ところが不思議なことに、告発後何年間もなにも起こらなかった。
日本の原発監督官庁はそれをもみ消そうとしたのだ。
2001年になってやっと、スガオカ氏は「同士」を見つけた。
それも日本のフクシマで、である。
18年間福島県知事を務めた佐藤栄佐久氏は
当時の日本の与党、保守的な自民党所属だ。
佐藤氏は古典的政治家で
皇太子夫妻の旅に随行したこともある。
始めは彼も、原発は住民になんの危険ももたらさないと確信していた。
それから、その信頼をどんどん失っていった。
福島県の原発で働く情報提供者から約20通ファックスが届き
その中にはスガオカ氏の告発も入っていました。
経産省は、その内部告発の内容を確かめずに
これら密告者の名を東電に明かしました。
それからわかったことは、私も初めは信じられませんでした。
東電は、報告書を改ざんしていたというのです。
それで私は新聞に記事を書きました。
そんなことをしていると、この先必ず大事故が起きる、と。
それでやっと官僚たちもなにもしないわけにはいかなくなり
17基の原発が一時停止に追い込まれた。
調査委員会は、東電が何十年も前から重大な事故を隠蔽し
安全点検報告でデータを改竄してきたことを明らかにした。
それどころか、フクシマでは30年も臨界事故を隠してきたという。
社長・幹部は辞任に追い込まれ、社員は懲戒を受けたが
皆新しいポストをもらい、誰も起訴されなかった。
一番の責任者であった勝俣恒久氏は代表取締役に任命された。
彼らは佐藤氏に報告書の改竄に対し謝罪したが
佐藤氏は安心できず、原発がどんどん建設されることを懸念した。
そこで佐藤氏は日本の原発政策という
「暗黙のルール」に違反してしまった。
2004年に復讐が始まった。
12月に不正な土地取引の疑いがあるという記事が新聞に載りました。
この記事を書いたのは本来は原発政策担当の記者でした。
この疑惑は、完全にでっち上げでした。
弟が逮捕され
首相官邸担当の検察官が一時的に福島に送られて検事を務めていた。
彼の名はノリモトという名で
遅かれ早かれ、お前の兄の知事を抹殺してやる、と弟に言ったそうです。
事態は更に進み、県庁で働く200人の職員に
圧力がかかり始めました。
少し私の悪口を言うだけでいいから、と。
中には2、3人、圧力に耐え切れずに
自殺をする者さえ出ました。
私の下で働いていたある部長は、いまだ意識不明のままです。
それで、同僚や友人を守るため、佐藤氏は辞任した。
裁判で彼の無罪は確定されるが
しかし沈黙を破ろうとした「邪魔者」はこうして消された。
これが、日本の社会を牛耳る大きなグループの復讐だった。
そしてこれこそ、日本で原子力ムラと呼ばれるグループである。
ここ10~20年の間、ことに原子力の危険を訴える人間に対する
あらゆる形での圧力が非常に増えています。
大学の研究者が原発には危険が伴うなどとでも言おうものなら
出世のチャンスは絶対に回ってきません。
政治家はあらゆる援助を電力会社などから受けています。
しかし、彼らが原発の危険性などを問題にすれば、
そうした援助はすぐに受けられなくなります。
反対に、原発を推進すれば、多額の献金が入り込みます。
それは文化に関しても同じで
スポーツやマスコミも含みます。
このように網の目が細かく張りめぐらされて
原発に対する批判がまったくなされない環境が作り上げられてしまいました。
ですから原子力ムラというのは決して小さい領域ではなくて
国全体にはびこる問題なのです。
誰もが、この原子力ムラに閉じ込められているのです。
東電から献金を受け取っている
100人以上の議員に菅首相は立ち向かった。
その中には前の首相もいる。やはり彼と同じ政党所属だ。
ネットワークは思う以上に大きい。
多くの官僚は定年退職すると、電事業関連の会社に再就職する。
1962年以来東電の副社長のポストは
原発の監査を行うエネルギー庁のトップ官僚の指定席だ。
これを日本では天下り、と呼んでいる。
しかし反対の例もある。
東電副社長だった加納時男氏は当時与党だった自民党に入党し
12年間、日本のエネルギー政策を担当し
それからまた東電に戻った。
このネットワークについて衆議院議員の河野太郎氏と話した。
河野氏の家族は代々政治家で
彼の父も外相を務めた。
彼は、第二次世界大戦後日本を約60年間に渡り
支配した自民党に所属している。
原発をあれだけ政策として推進してきたのは自民党である。
誰も、日本で原発事故など起こるはずがない、と言い続けてきました。
だから、万が一のことがあったらどうすべきか、という準備も
一切してこなかったのです。
それだけでなく、原発を立地する地方の行政にも
危険に対する情報をなにひとつ与えてこなかった。
いつでも、お前たちはなにも心配しなくていい
万が一のことなど起こるはずがないのだから、と。
彼らはずっとこの幻想をばらまき事実を歪曲してきた
そして今やっと、すべて嘘だったことを認めざるを得なくなったのです。
この雰囲気が2011年3月11日に壊れた。
日本がこれまでに遭遇したことのない大事故が起きてからだ。
14時46分に日本をこれまで最大規模の地震が襲った。
マグニチュード9だった。
しかし、地震は太平洋沖で始まったその後の
ホラーの引き金に過ぎなかった。
時速数百キロという激しい波が津波となって
日本の東部沿岸を襲った。
津波は場所によっては30メートルの高さがあり
町や村をのみこみ消滅させてしまった。
約2万人の人がこの津波で命を失った。
そして福島第一にも津波が押し寄せた。
ここの防波堤は6メートルしかなかった。
津波の警告を本気にせず
処置を取らなかった東電や原発を監査する当局は
警告を無視しただけでなく、立地場所すら変更していたのだ。
もともとは、原発は35mの高さに建てられる予定でした。
しかし標高10mの位置で掘削整地し
そこに原発を建設したのです、低いところの方が
冷却に必要な海水をくみ上げやすいという理由で。
東電がはっきり、この方が経済的に効率が高いと書いています。
巨大な津波が、地震で損傷を受けた福島第一を完全ノックアウトした。
まず電源が切れ、それから
非常用発電機が津波で流されてしまった。
あまりに低い場所に置いてあったからである。
電気がなければ原子炉冷却はできない。
法律ではどの原発も非常用電源センターを用意することが義務付けられています。
福島第一ではその電源センターが原発から5キロ離れたところにあります。
これは津波の後、1分と機能しなかった。
それは職員が地震があったために、そこにすぐたどりつけなかったからです。
それで電源は失われたままでした。
こうして送電に必要な器具はすべて作動しませんでした。
つまり非常用電源センターは、本当の非常時になんの機能も果たさなかったということです。
法律では原発事故と地震が同時に起こるということすら想定していなかったのです。
菅直人はこの時、原発で起こりつつある
非常事態について、ほとんど情報を得ていなかった。
首相である彼は、テレビの報道で初めて、
福島第一で爆発があったことを知ることになる。
東電からは、その事故の報道があって1時間以上経っても
なにが原因でどういう爆発があったのかという説明が一切なかった。
あの状況では確かに詳しく究明することは難しかったのかもしれないが
それでも東電は状況を判断し、それを説明しなければいけなかったはずです。
しかし、それを彼らは充分に努力しませんでした。
2011年3月15日、災害から4日経ってもまだ
東電と保安院は事故の危険を過小評価し続けていた。
しかし東電は菅首相に内密で会い、
職員を福島第一から撤退させてもいいか打診した。
今撤退させなければ、全員死ぬことになる、というのだ。
それで私はまず東電の社長に来てもらい
撤退はぜったい認められない、と伝えた。
誰もいなくなればメルトダウンが起き
そうすれば莫大な量の放射能が大気に出ることになってしまう。
そうなってしまえば広大な土地が住めない状態になってしまいます。
菅は初めから東電を信用できず
自分の目で確かめるためヘリコプターで視察した。
しかし首相である彼にも当時伝えられていなかったことは
フクシマの3つの原子炉ですでにメルトダウンが起きていたということだ。
それも災害の起きた3月11日の夜にすでに。
東電の報告にも、東電を監査していた保安院の報告にも
燃料棒が損傷しているとか
メルトダウンに至ったなどということは一言も書かれていなかった。
3月15日には、そのような状況にはまだ至っていないという報告が私に上がっていました。
事故からほぼ1年が経った東京。
世界中であらゆる専門家が予想していたメルトダウンの事実を
東電が認めるまでなぜ2ヶ月も要したのか、私たちは聞こうと思った。
自然災害が起きてからすぐにこの原発の大事故は起きていたのである。
「原子炉1号機、2号機そして3号機でメルトダウンになったことを、東電はいつ知ったのですか」
「私どもは目で見るわけにはいきませんが
上がってきましたデータをもとに自体を推定し
燃料棒が溶けおそらく圧力容器の底に溜まっているだろう
という認識に達したのは5月の初めでした。」
膨大なデータに身を隠そうとする態度は今日も変わらない。
東電は、毎日行う記者会見でこれらのデータを見せながら、事態はコントロール下にあると言い続けている。
しかしこれらのデータの中には、本当に責任者たちは
なにをしているのかわかっているか、疑いたくなるような情報がある。
たとえばスポークスマンはついでのことのように
放射能で汚染された冷却水が「消えてしまった」と説明した。 
理由は、原発施設ではびこる雑草でホースが穴だらけになっているという。
「放射能で汚染された水を運ぶホースが
雑草で穴が開くような材料でできているというのですか?」
「草地に配管するのは私たちも初めてのことですが
穴があくなどのことについては知見が不十分だったと思っています。」
しかし原発の廃墟をさらに危険にしているのは
雑草だけではない。
私たちは富岡町に向かった。
ゴーストタウンだ。
原発廃墟の福島第一から7キロのところにある。
私たちはナカ氏に便乗した。
彼のような住民は、個人的なものをとりに行くためだけに
短時間だけ帰ることが許されている。
彼は、地震に見舞われた状態のまま放り出された会社を見せてくれた。
今では放射能のため、ここに暮らすことはできない。
この木造の建物はとても快適でした。
とても静かで、夏は涼しく、冬は暖かかった。
私たちは皆ここで幸せに暮らしていました。
80人の原発専門のエンジニアが彼のもとで働いており
原発事故後も、事故をできるだけ早く収束しようと努力している。
ナカ氏と彼の社員は、原発廃墟で今本当になにが起きているのか知っている。
私たちの最大の不安は、近い将来、
廃墟の原発で働いてくれる専門家がいなくなってしまうことです。
あそこで働く者は誰でも、大量の放射能を浴びています。
どこから充分な数の専門家を集めればいいか、わかりません。
しかし、まだ被爆していない原発の専門家を集めなければ
事故を収束するのは不可能だ。
例えこれから40年間、充分な専門家を集められたとしても
日本も世界も変えてしまうことになるかもしれない一つの問題が残る
今原発は安全なのですか?
そう東電と政府は言っていますが
働いている職員はそんなことは思っていません。とても危険な状態です。
私が一番心配しているのは4号機です。
この建物は地震でかなり損傷しているだけでなく
この4階にある使用済み燃料プールには
約1300の使用済み燃料が冷却されています。
その上の階には新しい燃料棒が保管されていて
非常に重い機械類が置いてあります。
なにもかもとても重いのです。もう一度大地震が来れば
建物は崩壊してしまうはずです。
そういうことになれば、また新たな臨界が起こるでしょう。
このような臨界が青空の下で起これば
日本にとって致命的なものとなるだろう。
放射能はすぐに致死量に達し、原発サイトで働くことは不可能となる。
そうすれば高い確率で
第1、2、3、 5、 6号機もすべてが抑制できなくなり
まさにこの世の終わりとなってしまうだろう。
東京で著名な地震学者の島村英紀氏に会った。
2月に東大地震研が地震予知を発表したが
それによれば75%の確率で4年以内に
首都を直下型地震が襲うと予測されている。
このような地震があった場合に原発が壊滅して
確率はどのくらいだとお考えですか?
-はい、とても確率は高いです。 
-どうしてですか?
計測している地震揺れ速度が、これまでの予測よりずっと速まってきています。
私たちはここ数年千以上の特別測定器を配置して調査してきましたが
それで想像以上に地震波が強まり、速度も増していることがわかったのです。
これは日本の建築物にとって大変な意味を持つだけでなく
原発にとっても重大な問題となることを島村氏は説明する。
これが原発の設計計算です。
将来加速度300~450ガルの地震が来ることを想定しています。
そして高確率で発生しないだろう地震として600ガルまでを想定していますが
この大きさに耐えられる設計は原子炉の格納容器だけで
原発のほかの構造はそれだけの耐震設計がされていないのです。
しかし私たちの調査では、最近の地震の加速度がなんと
4000ガルまで達したことがわかっています。
想定されている値よりずっと高いのです。
電気会社は、それを知って増強をしなかったのですか?
今のところ何もしていません、不十分であることは確かです。
これだけの地震に耐えられるだけの設計をしようなどというのは
ほとんど不可能でしょう。
ここは原発廃墟から60キロ離れた場所だ。
フクシマ災害対策本部では東電、保安院、福島県庁が共同で
原発の地獄の炎を鎮火するための闘いの調整をはかっている。
私たちは東電の災害対策部責任者にインタビューした。
ことに彼に訊きたいのはどうやって今後
これだけ損傷している原発を大地震から守るつもりなのか、ということだ。
ことに、危ぶまれている4号機について訊いた。
4号機の使用済み燃料プールには夥しい量の使用済み燃料が入っています。
これをすべて安全に保つためには、燃料プールの増強が必要です
燃料プールのある階の真下に、新しい梁をつけました。
原発はほとんど破壊したといってもいいわけですが
原発が健在だった1年前ですら大地震に耐えられなかった構造で
どうやって次の地震に備えるつもりなのでしょうか?
我々は耐震調査を4号機に限らず全体で行いました。
その結果、問題ないという判断が出ています。
でも地震学者たちは4000ガルまでの地震加速度が測定されていて
これだけの地震に耐えられるだけの原発構造はないと言っています。
半壊状態のフクシマの原発の真下でそのような地震が来ても
全壊することはないと、なぜ確信がもてるのですか?
その4000ガルという計算は別の調査ではないでしょうか
それに関しては、私は何とも言いかねます。
原発を日本で稼動させるだけの心構えが、東電にできているとお考えですか?
それは答えるのが難しいですね。
これがやってきたことの結果です。
この結果を人類はちゃんと知るべきだと思います。
一緒に未来の政策をつくっていくことができるように