Follow by Email

2011年3月26日土曜日

宇宙飛行士が宇宙放射線の影響を避けるために用いている方法(前田華郎先生より)

宇宙飛行士が宇宙放射線の影響を避けるために用いている方法ですが、照射された部位を緩やかなシャワーで洗い、その時石鹸を使わず、その後クリームよりもオリーブオイルを使った方がよいそうです。食べるものは、海藻、1日に1個の卵、たくさんのニンニクを食べるとよいと云うことです。これらに含まれているシステイン様物質が、DNAの障害を修復するからだそうです。
骨シンチの検査の後に、注射された放射性医薬品は、リン酸塩の多い骨に結合しているので、リン酸を含むコーラを飲むと排泄が早まるということです。Professor  Jane PlantYour life in your hands,2008,10,3初版より。参考文献:「乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか」ジェイン・プラント博士 (著), 佐藤章夫 (翻訳), 径書房; 初版 (2008)
放射線障害は、体内からたくさんのマイナスイオンが出ていくので
活性酸素障害と似ているそうです。マイナスイオンを多く摂取するとよいそうです。マイナスイオンを積極的に体内に浸透させることをやっているところがあります。詳細は四国の香川県にある堀口裕先生 http://www.e-doctor.ne.jp/contents/08month/clinic/c07-05.htmlに伺ってください。   
              
                     以上  アドバンスクリニック 前田華郎

0 件のコメント: