Follow by Email

2013年12月25日水曜日

UPLAN グレゴリー・ヤツコ(元米NRC委員長) 「福島原発事故の米国への影

公開日: 2013/09/23 【プレスリリースより】 「福島原発事故の米国への影響」グレゴリー・ヤツコ(元米NRC委員長) 講演会 『福島原発事故の米国への影響』より 主催:特定非営利活動法人 原子力資料情報室  共催:原水爆禁止日本国民会議/原子力市民委員会 福島原発事故を受けて米国の原子力安全向上にひときわ尽力されたグレゴリー・ヤツコ氏­は、残念ながらNRC (米国原子力規制委員会) を去らざるを得なくなりました。彼の眼には福島原発事故はどう映ったのでしょうか? また、日本の原子力規制委員会はNRCを一つのモデルと考えているようですが、原子力­規制のあり方についてヤツコ氏の考えをお聞きします。 また、13年6月にカリフォルニアのサンオノフレ原発の廃止を事業者が決定しました。­この廃止を求める運動を進めたのがトーガン・ションソンさんです。カリフォルニアでの­運動がなぜ成功したのかをジョンソンさんに話していただきます。 サンオノフレ原発では三菱重工製の蒸気発生器が欠陥とされ、事業者は三菱を相手に損害­賠償裁判を起こしていますが、この行方についても伺います。

0 件のコメント: